TC3回目

今日はTCの3クール目の投与日。

10時30分の予約だったのでお昼過ぎには終わって、それからランチにしようと何も持ち込まなかったら、結局3時過ぎまで掛かってしまった。
途中でおなかがグーグー(笑)

3回目ともなると、慣れたもので、血圧測定→ブースに案内→持参した副作用票を見ながら簡単な問診&検温・・・と順調に進んでいく。


今回は前回より体調もよく、クラクラする事もあまりなく過ごしていたから血液検査も不安がなかったのですが。
血液検査の結果は白血球3000(好中球2010)、赤血球は低いながらも前回よりは改善したいたので、このまま投与できる事になりました。
EOSという項目が0.0となっていたのだけれど、どういう意味なんだろう^^;?
なくていいのかしらね?

本日の投与中は子ども用のランチセットの刺繍に没頭。
家ではなかなかはかどらないから私にとってこの時間は好都合。
刺繍が終わってもまだ点滴に時間がかかりそうだったので、椅子をフルフラットにして爆睡。
もっともっと寝たかった。。。

点滴が終わると、軽食を食べて、診察です。

エコーで腫瘍の様子を見ていただきました。
自分での触診だと、段々小さくなっている気がするものの、実際は乳腺の事なので、ホルモンバランスの関係で変わってしまいますものね~。

でも、エコーの画面上でも明らかに縮小傾向にありました!
腋のリンパも同じく縮小。

これも、本当のところはMRIやエコーの専門医の診断と合わせて評価されるべきものなのでしょうが、素人目に見ても画面上に変化がある事は喜びだし苦しい抗がん剤投与の励みになります!

先生に「でも、私のようなタイプ(ホルモン感受性大)は抗がん剤が効きにくいんですよね!?」と伺ってみると、
「そうですね~、それは抗がん剤では完璧には消えてしまわない・・・という感じですかね。」

抗がん剤は増殖のスピードの速い細胞との相性がよく、攻撃するので、そういうタイプの腫瘍では腫瘍が消えてしまう事もあるそうです。

が、私は腫瘍は女性ホルモンをエサにしてゆっくりと成長するタイプ。
あまり効果が期待出来なさそうでいて、そこそこ効いてくれているのは嬉しい限りです。

自分の触診でなんだか左の脇にもしこりが触れるのでついでに診ていただいたところ、こちらは何も見えないそう。。。
しこりってよくわかりませんね。

その後は手術日の確認と、執刀医との診察予約、術前最終の検査予約の確認をして帰宅。
長い一日でした。
[PR]

by quiet_girl | 2010-07-23 12:07 | 乳がん:術前化学療法(TC療法)