<   2010年 06月 ( 10 )   > この月の画像一覧

脱毛

私にもついに脱毛の副作用がやってきた。

昨日までは全然平気だったのに、いきなり来た。

お昼頃手ぐしで梳かすとさらっと一気に15本くらい抜ける。

つい、面白がってなんどもやってしまった^^;。

が、シャンプー時の抜け方は半端じゃなかった。
1ヶ月分くらいは抜けたかなぁ~。
さすがに面白がるのはやめた。。。

入浴後は抜け落ちた毛が体にくっついて面倒だし、きっとこれからお掃除も大変!

お仲間の皆さんの中にはスキンヘッドにする方もいらっしゃる様子。

でも、私、自慢じゃないんだけれど、頭の形悪いんです。デコボコなんです(笑)

脱毛もため息だけれど、毎日鏡で形の悪い頭を見るのも憂鬱。

当分は抜けるがままにしておこう。。。

それにしても、、、
今週末は帽子をかぶれないようなフォーマルな場所に行かなければならない私。

いきなりドサッと抜けたりしないんだろうか?
それよりなにより、週末まで自毛が持つものなんだろうか???
[PR]

by quiet_girl | 2010-06-22 21:58 | 乳がん:術前化学療法(TC療法)

乳がんと牛乳

乳がんになってから、乳製品をさけている私。
特にホルモンレセプター陽性と知ってからは、更にその意思を強くした。

きっかけは「乳がんと牛乳」という本を読んだから。
研究者である作者が自分自身の乳がん(4回も再発する)を克服するために必死の思いで研究観察を重ねた結晶のような本。

納得できる部分が多くて、パパにも読んでもらった。
(私に万が一の事があったら、娘の運命を握っているのはパパだから)

結果、我が家からまず牛乳が消えた(笑)
そして、ホワイトソース類、ピザを食べる回数も減った。(私は皆無)

休日の自由が丘をブラブラしながらお茶+デザートをする事もなくなり、有名パティシエのスイーツをテイクアウトしてくることもなくなった。

正直寂しい。。。

大好きだったのに。。。

でも!自由が丘は生クリームだけの街じゃない!!!

本日目指したのは亀屋万年堂喫茶室!(笑)

ジャパニーズスイーツの代表あんみつを食べるぞぉ~!

よく考えたら、寒天=海藻類、あん=小豆なので、体にも良さそう!

ふぅ~、甘い物を食べる時って、ホントに幸せ♪
また来よう。
[PR]

by quiet_girl | 2010-06-20 22:12 | 生活習慣

TC1回目から10日経過

ようやく体がスッキリしてきました^^

ここ数日の副作用として、不正出血、手の湿疹がまだあるけれども、どうしようもない体調の不調からは脱した感じです。

私の場合、投与後約2週間みておくといいのかな。

夏の旅行の予定等を上手くあわせられるといいけれど。


週末にはこの10日間にたまった用事を一気に片付けよう!
[PR]

by quiet_girl | 2010-06-19 13:15 | 乳がん:術前化学療法(TC療法)

ありがとう

私は警戒心なく人に自分の事をさらけ出してしまうほう。

今回乳がんが見つかった時も、見つかる前から、「ドックで引っ掛かったからクリニックへ行く」と幼稚園のママ友に話していた。
特に他意はなくごく普通の世間話の一つとして。

いざガンが確定すると、私が話していた2~3人のママ友は本当に自分の事のように泣いて心配してくれた。

その姿を見た私の方が申し訳なくて動揺してしまったくらい。

そして、「何でもお手伝いするから、遠慮なく言ってね」と言ってくれ、実際に園生活でのママのお仕事や子どもの送迎等も助けてもらっている。

「やって欲しい事をリストにしてちょうだい。出来る事はするよ!出来ない事ははっきり出来ないって言うから、気にしなくて平気」とも言ってくれた。
皆ホントに1日24時間じゃ足りないような生活なのに。。。

送迎時に顔を見かけると、何かと気晴らしになるような話題をふってくれる。

私が「最近、お墓の広告がめについてね・・・」などという暗~い事を言っても(笑)、するどく切り返して雰囲気を明るくしてくれる。

昨日もまだ何も話していない園ママから「最近どうしたの?全然お迎えに来ないけれど大丈夫?具合悪いの?」というメールをもらった。

どうしようか迷ったけれど、「実は・・・、ガンでね、抗ガン剤をやっていて・・・」とメールすると、すぐさま「なんでも手伝える事はするから言ってね。明日から○○ちゃんのPickもするよ!」と返事をくれた。
(実はここのところ、自分で送迎出来ず、パパにやってもらっていた)


ガンになったのは本当に不幸なことだけれど、こんな風に支えてくれるママ友達を実感できて、心が温かくなった。


他人に迷惑を掛けない。自分の事はぬかりなくキチンと自分で。をモットーに生きてきた私。

この価値観は産後リウマチが悪化し、人に迷惑を掛けまくった反動で強く硬く形成されていた。
完全武装していた私。
私の中では「人のお世話になる=悪・ダメな人間」だったのだ。
実際その頃の私の周りには迷惑そうな顔をしている人がたくさんいた。

私は自分の存在を否定するしかなかった。



でも、今回の件で、
「迷惑掛けてもいいんだよ、だってお互い様だよ。困った事があれば皆でなんとかするよ、大丈夫。いつかまた誰かを違う形で支えればいいんだよ。みんなそうやって支えあって生きて来てるんだよ。」ってありのままの自分を認めてもらい許容された気がする。
人間一人の力で出来る事なんて限られてるもんね。

副作用で辛い日々もなんだか心は優しい気持ちで、精神的には安定している。

元気になったら、私もきっと誰かにお返しをしよう!
支えあって生きる社会の素晴らしさを自分の娘にも伝えていこうと思う。
[PR]

by quiet_girl | 2010-06-18 21:52 | その他

湿疹

副作用の一つ、湿疹・かゆみ。

段々とひどくなってきたので、近くの皮膚科でお薬を処方してもらいました。

まず、頭皮。
まだ、脱毛する気配はないけれど、とにかく痒い!
これはステロイド入りのローションを。

首周り。
湿疹が出ている風ではないのに、全体的に赤くなっていて、これまた痒い!
こちらはステロイド入り軟膏。

ちょっとお恥ずかしい場所ですが、肛門周り。
こちらもステロイド入り軟膏。

リウマチの時にはあれほど気を使って使っていたステロイド。
1mg減らすために、すっごく大変な思いをしたり、少しでも減らせるように・・・と願っていたのに、抗ガン剤を開始してから、点滴するわ、内服するわで大量にとっている気がする。
なんだか、皮肉。
でも、しょうがない。

今日もおなかを壊していて、また下痢止めを内服。
胃が痛くてあまり食べられないし、体力的に4クールも持つんだろうか?
体調が悪いと、気持ちも沈む。。。
[PR]

by quiet_girl | 2010-06-17 13:00 | 乳がん:術前化学療法(TC療法)

1回目TC投与後の様子(~7日後)

■当日■

何事もなく帰宅。 デカドロンのせいか、かえって調子いいし元気。 リウマチの為にステロイドの関節注射をした時も、元気すぎて眠れなかったものね。。。 予想通り12時過ぎまで眼がランラン^^;


■2日目■

朝~午前中は相変わらず、元気。 
ただ、予想される副作用(便秘)の為にと飲んだラキソベロンが効きすぎたのか、おなかが痛い・・・。
何度もトイレに行くはめに。 子どもの送迎中も苦しかった。。。
ここのところの野菜果物大量摂取のおかげか便秘とは無縁生活だったので、必要なかったのかも。。。
今日は飲むのをやめよう。

午後2時頃から、突然胃が痛くて、だるくなり始める。下痢も関係しているのか!?
なんとかかんとか夕食を作った感じ。
後片付けと子どもの世話はパパが・・・^^; ありがとう!

■3日目■

相変わらず、胃が痛い。
そして、おなかもこわしぎみ。
寝つきが悪く、早朝に目が覚める為、睡眠不足(4時間ほど)。
全般的に、覇気がなく疲れ気味なので、出かける予定を取りやめ、一人でお留守番をする。
でも、入梅前の布団干しや洗濯掃除が一気に片付いた^^。

■4日目■

朝から倦怠感大。
普通は起床して2時間もすれば、シャッキリとするのに、いつまでたってもボーッ。
だるくて何もする気が起きない。
かといって、眠くもない。
横になってダラダラ。
昨日今日と、一歩も外に出ていない^^;
子どもを連れて潮干狩りに行ってくれたパパに感謝。
ただ、夕御飯後、なぜかスッキリ。
その後は普通に戻る。
明日は子どもの送迎が出来るだろうか?

■5日目■

案外普通に過ごせる。
ただ、胃が痛い。
頭皮が痒かったり、痛かったり。
脱毛の予兆か。


■6日目■

絶不調。
朝から、下痢が激しく、病院に電話をして受診する。
下痢止めと胃薬を処方してもらう。
もうふらふら。
寝ているだけで精一杯な感じ。

■7日目■

下痢はおさまったが、食欲はなし。
無理やり食べると、内臓が変な感じ。
首回りと頭皮が痒い。
ほとんど寝て過ごす。



私は基礎体力がないせいか、持病があるせいか、本当にキツくてアップアップしています。(涙)
でも、耐えなければならないのよね。。。

食事も満足に作れなくて、家族に迷惑ばかり掛けて申し訳ない。。。
パパが体を壊さない事を祈るばかりです。
[PR]

by quiet_girl | 2010-06-16 22:03 | 乳がん:術前化学療法(TC療法)

抗がん剤治療:TC(タキソテール+エンドキサン)

今日からいよいよ抗ガン剤による治療を行います。

TCを3週間に1度×4クールです。

病院では現在の標準治療のFEC+Tと同等の治療してTCの臨床試験をしていて、私もこちらに参加することになりました。
臨床試験といっても、普通の投薬と同じで、特に制限があったり優遇があったりするわけではありません。

私がTCに決めたのは、ホルモン感受性が高いタイプにFEC(特にE:アントラサイクリン系の抗ガン剤)までを使わなくていいのでは・・・という担当医のアドヴァイスがあったからです。

(効果が少ない割には副作用がきつい・・・という風に理解しました。)

始める前はドキドキしたのですが、読書に没頭しているあっという間に終わった気がします。

約3時間、座っていてちょっとおしりが痛くなりましたけど。

最初、副作用軽減の為の薬剤(デカドロン、カイトリル)を投与し、そしてタキソテール、エンドキサンと続きました。

タキソテールはアレルギーが出る事があるらしく、最初は少しづつ様子を見ながら投与しました。
今回何事もなければ、次回以降もまずアレルギーは起きないとの事。
ちょっとホッ。

病院を出ると、6時頃の通勤タイム。
普段、その時間はちょうど子どもをお風呂に入れたり、ごはんを食べさせたりと朝に続き慌ただしい時間。
その時間に一人でブラっと外を歩けるなんて、なんだか開放感!
私は変わり者なのか、入院生活(過去、リウマチ・盲腸の疑いで3回ほどの入院経験あり)も好きだし、通院も好き。
こんな事だから、病気が付いてくるのかしら・・・(笑)

次回は3週間後。

今度は一人で美味しいランチでも食べちゃおっと^m^

処方薬:デカドロン錠・マーズレン・ラキソベロン錠(全て副作用対策)
[PR]

by quiet_girl | 2010-06-10 09:56 | 乳がん:術前化学療法(TC療法)

エコーのダブルチェック&結果

私が通っている病院では、最初に担当医が超音波の検査をするのですが、治療を始める前に、病院に残す資料として、専門医が超音波のダブルチェックをするのだそうです。

乳腺外科医の主治医よりも、放射線科の専門医の方が、やはり画像をよく読み取れるらしいです。

MRIで疑わしいと出た所、また、乳房内の新たに見つかった腫瘍を中心に見ていきます。

リンパは脇の下はもちろん(転移があるので・・・)、疑わしい胸骨傍、そして鎖骨下、首までチェックです。

脇の下以外にも転移があったらどうしよう!!!と気が気ではありませんでしたが、大丈夫との事。

乳房内の新たに見つかったしこりはMRIでは独立した別物に写っているけれど、エコーでは一連の物で、つながっている物でしょうとの事。

結局、右乳房の4分の3位はガンがつながっている事になり、温存療法は無理でしょうとの事でした。
でも、あまりこだわりがなかったので、ショックはなし(笑)
ごめんね、私のおっぱいちゃん。

このエコーの結果を受けて、一つ検査が減りました。
新しく見つかったしこりの針生検を予定していたのですが、つながっているものならば、同じ性質をもったガンという事になるので、再度の生検は必要なくなりました。
よかった!
なんとなく、生検をする度にガンが広がったような気がしていて、ちょっとこれ以上は・・・という感じだったのです。

先日受けたPET検査の結果も、エコー&MRIの結果と同様、右乳房と右脇の下以外には腫瘍は見つかりませんでした。

これで、すっきりと、抗ガン剤治療&手術にのぞめます!
[PR]

by quiet_girl | 2010-06-10 09:20 | 乳がん:治療開始まで

PET検査

MRIの検査で「腫瘍の疑い」という所が何ヶ所があったので、PET検査をお願いしました。

担当の先生は「CTで見てますから、必ず必要というわけではないけれど、受けて確認しておくのもいいでしょう」とのこと。

私としては、「疑い」を評価する物がもう一つ増えるのはいいことだと思うし、化学療法をする前にしっかりと検査をしておきたかった。

検査費の約3万円は痛い出費だけど。。。

病院にはPETの設備がないので、提携先の病院、四谷メディカルキューブへ行って撮影することになりました。

この病院は予約も早く取れて、綺麗な病院でよかった。

検査日は検査の6時間前から食事は禁止です。
なんでも、ガン細胞は通常の細胞よりブドウ糖の取り込みが激しいという性質を利用した検査だとか。
だから、食べてしまうと、正確に検査が出来ないのだそう。

腕の血管に針をさして、検査の為の血糖値を調べた後、薬剤を注入。
約1時間安静にした後、PET検査室へ。

この安静の1時間は個室のブースが用意され、リクライニングシートにTVが備え付けてあるんですが、TVとヘッドフォンを付けた1分後には夢の中へ。
「○○さん、そろそろお時間です」との案内で目を覚ました私です。

移動すると、CTやMRIのような機械があり、同じように横たわっての検査です。
特に何事もなく検査が終わりました。

この検査は終了後2時間は微量の放射線(?)が出ているという事で、10歳以下の子どもやペットには近づかない方がいいとの事。

うちには、子ども+ワンがいるので、帰りに自由が丘で時間を潰して帰りました。

そこで手に入れたシャンプー
d0164955_2352775.jpg

来るべき脱毛に備えて、低刺激のシャンプーにしてくださいね~と病院で言われていたので、買ってきました。
大好きなローズの香り。

月の満ち欠けによって収穫される有機ハーブを使ったシャンプーという事で、店員さんに勧められたのですが、月のパワーを私にもわけて欲しいな♪
抜け始めたら、使ってみよう。
[PR]

by quiet_girl | 2010-06-05 23:47 | 乳がん:治療開始まで

術前化学療法

悩んでいた抗ガン剤治療を術前にするか術後にするか・・・ですが、術前にすることに決めました。

悩んでいたポイントは、

私のようなホルモン感受性:エストロゲンAllred 8、プロゲステロン 7、HER2陰性のタイプは抗がん剤の効果があまり期待出来ない・・・という事。

3Week×4という抗ガン剤の治療期間に、ガンがどんどん進行したら怖い。

でも、術後に抗ガン剤をまわすと、手術は7月中旬に予定されているので、それまでは何も治療をしない事になります。

それも怖い。

担当医以外の医師にも画像を見ながら「今、手術をしたら全身にガン細胞がちらばってしまう」と、術前を勧められ、気持ちが固まりました。
MRIで撮影したガンの広がりは私の想像以上で、それを目の当たりにすると本当に動揺してしまいました。(でも、真実の姿を知る事は私には重要なポイントです)

右乳房の右上四分の一程が真っ白な腫瘍で占められていて(4×4位)、右下にしこりの疑い1個、腋下リンパ節には3ヶ所の転移、胸骨傍リンパにも転移の疑い、左乳房にも腫瘍の疑い。

一番大きな広がりは一つのしこりがどんどん大きくなったタイプではなく、小さないくつもの細胞が一気に開花した感じの出来方だそうです。

私は昨年愛犬のゴールデンレトリーバーを播種性の肺がんで亡くしているのですが、まさにその播種性なのかなぁ・・・?と感じました。
愛犬のガンもギリギリまで発見できませんでした。

CTの画像ではとりあえず遠隔転移が見られなかった事がせめてもの救いです。

帰りの電車の中ではボーっとしてしまいました。
私は子どもが大きくなるまで生きていられるのだろうか?

そのMRIの結果を見ながら、来週、放射線科の専門医がエコーで疑わしい所を診ていく検査をする予定です。

念の為にPETの撮影もお願いしました。

もう、抗ガン剤が少しでも効いて全身に散らばっているタネを消し去れる事と、画像上で見られる腫瘍を縮小させられる事を願うばかりです。

私のような広がりのタイプは効くと、腫瘍径が縮小するのではなく、木から葉っぱが落ちていくように、腫瘍部分がすけてくるように、効くらしいです。

なんでもいいから、とにかく全身のタネを消し去ってほしい!

抗ガン剤はTC(タキソテール+エンドキサン)を使う事になりました。

よーし、戦うぞ!
[PR]

by quiet_girl | 2010-06-01 18:17 | 乳がん:治療開始まで